読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんさんの日記

ちょっと昔の話からリアルタイムな話まで各種雑多な事をつらつら書いています

お得意さん

そんな羽田大好きどんさんでしたが配車が別くくりでされるワゴン車とは違い、待ち時間が長くて時間対売上を考えるとあまり分が良くない一般車での入構は不利と見て徐々に流し営業も始めるようになります。

地理的な不安はあまり無かったものの、どこに行くか?と言うとここが得意!という場所もなくw結果的に都心に入るようになりました。当時は八重洲口を中心に日本橋、銀座、虎ノ門あたりを流してましたね…競争相手も多いのでなかなか難しかったですが(>_<)

(まだこの頃は無線は取ってないです。というか怖かったw)

昼間は八重洲、行った先で乗せて戻る、を基本にしていましたが八重洲が長蛇の列になると列には並ばず辻待ちやデパートのタクシー乗り場に回る…こんな営業をしていました。

その一つ、銀座の某デパートの前もほぼいつもいる場所でした。停めるのは路駐が並んでいる中央通りの空いている隙間。ここ、中央通りから左に入った路地に停めるのもアリなんですが、いかんせんそっちだと地元の買い物客が多く、敢えてそこには行かず離れて停めて城南地区に向かうお客様を待っていました。

ここで一人の女性のお客様と顔見知りになります。時間はいつも16:00頃、ここから乗って博品館を右、コリドー街に入って新幸橋を左、ガードを越え信号を過ぎた所で降ります。この方、いつもスーツなのですが手ぶらでちょっと買い物に来た体で乗ってくるので、おつかいか何かでこのデパートまで来るんだろうな…と思っていました。

さすがに毎出番お乗せするようになると話もするようになったのですが「甘いものが好きなんでつい来ちゃうんですよね(^.^)」と、ここに来る理由を話されていました。そのうちにいつも停まっている私の車を選んで乗っていただけるようになり、ほんの10分程度ですがお菓子の話や銀座の話なんかをしながら送る…私の初めてのお得意さんが出来ました。

 

そして…この方と思いがけない所でまた会うのですが…それは次のエントリーで(^.^)